仙台塩釜港高砂コンテナターミナル2号岸壁供用・北米航路再開式典に出席

2012_0122.jpg

1月22日(日)、東日本大震災で被災した仙台港(仙台市宮城野区)では、北米に向かう定期コンテナ航路が、震災から約10カ月ぶりに再開され、私は「仙台塩釜港高砂コンテナターミナル2号岸壁供用・北米航路再開式典」に出席しました。公明党からは伊藤和博県議(宮城県議会建設企業委員会委員長)が参加しました。

東北の港で唯一の北米航路の回復に、多くの出席者から喜びの声を上がり、私も北米航路と高砂2号岸壁の再開に地元経済の活性化と復興の加速に期待を膨らませ、エール送りました。



関連記事

  1. 平和、福祉を守り抜く ~宮城・岩手で新春街頭演説

  2. 「働き方改革」を共に ~社労士の交歓会に出席

  3. 「住宅再建、除染を加速」 参院選第一声

  4. 「グレーゾーン事態を議論」安全保障法制整備に関する協議会に出席

  5. 経済再生、着実に前進 ~青森県本部主催の政経懇話会に参加

  6. 被災4県知事が支援継続要請