仙台塩釜港高砂コンテナターミナル2号岸壁供用・北米航路再開式典に出席

2012_0122.jpg

1月22日(日)、東日本大震災で被災した仙台港(仙台市宮城野区)では、北米に向かう定期コンテナ航路が、震災から約10カ月ぶりに再開され、私は「仙台塩釜港高砂コンテナターミナル2号岸壁供用・北米航路再開式典」に出席しました。公明党からは伊藤和博県議(宮城県議会建設企業委員会委員長)が参加しました。

東北の港で唯一の北米航路の回復に、多くの出席者から喜びの声を上がり、私も北米航路と高砂2号岸壁の再開に地元経済の活性化と復興の加速に期待を膨らませ、エール送りました。



関連記事

  1. 日韓の絆 さらに強く ~民団の新年会に出席

  2. 「地方財源の拡充を」山形県町村会から提案

  3. 「生活と産業の復興さらに」気仙沼市視察

  4. 来年度予算財務省原案に対する大臣折衝

  5. 仙台市中央卸売市場業務開始式に出席

  6. 東北農業元気アップビジョンについて説明 ―党農林水産部会―