仙台塩釜港高砂コンテナターミナル2号岸壁供用・北米航路再開式典に出席

2012_0122.jpg

1月22日(日)、東日本大震災で被災した仙台港(仙台市宮城野区)では、北米に向かう定期コンテナ航路が、震災から約10カ月ぶりに再開され、私は「仙台塩釜港高砂コンテナターミナル2号岸壁供用・北米航路再開式典」に出席しました。公明党からは伊藤和博県議(宮城県議会建設企業委員会委員長)が参加しました。

東北の港で唯一の北米航路の回復に、多くの出席者から喜びの声を上がり、私も北米航路と高砂2号岸壁の再開に地元経済の活性化と復興の加速に期待を膨らませ、エール送りました。



関連記事

  1. 新幹線関係18都道府県から要請うける

  2. 生活者に希望生む議員に ~埼玉の夏季議員研修会であいさつ

  3. 公明党全国県代表懇談会

  4. 被災地「人間の復興」へ総力 ~公明党宮城県本部で新春の集い

  5. 印刷 「審議が国会の役割」 ~党代議士会であいさつ

  6. 党栃木県・茨城県・宮城県等大雨災害対策本部で緊急要望