日本バス協会の新年賀詞交歓会に出席

2012_0116_2.jpg

 1月17日(火)、都内で開かれた日本バス協会(堀内光一郎会長)の新年賀詞交歓会に山口那津男代表と共に出席し、挨拶をしました。

 山口代表は「昨年の東日本大震災では、まさに公共交通機関としてのバスの役割、価値をあらためて見直すことになった」と強調。その上で、高齢化が進んでいることから「自ら移動手段を持たない人たちのために、バスをどう生かしていくかを含めて議論を深め、諸制度の実現に努めていきたい」と語りました。また交通基本法案について、これまで自転車が交通体系の中にきちんと位置付けられてこなかったことを指摘し、自転車についても同法案の中で位置付けるべきだとの考えを示しました。



関連記事

  1. 「燃油価格の安定化」で塩釜市水産振興会から要請

  2. 「健全で安定した関係へ」中日友好協会・唐家せん会長と懇談

  3. 盛岡・仙台で新春街頭演説

  4. 政権基盤固め政策実行 ~自公党首会談

  5. 党東日本大震災復興加速化本部と復興・防災部会の合同会議に出席

  6. 仙台湾海岸堤防の完成式に出席