日本住宅建設産業協会年賀会に出席

2012_0110.jpg

 1月10日(火)、都内で行われた日本住宅建設産業協会(日住協=神山和郎理事長)の年賀会に出席し、挨拶をしました。

 挨拶で私は、東日本大震災の被災地では「住まいと雇用(の確保)が一番の課題」と指摘した上で、被災地の「住宅需要は高い」として、住宅建設を担う日住協の活躍に期待を寄せました。また、政府・与党が進めている消費税率の引き上げに関連し、住宅に対する消費税の課税について「住宅建設に支障がないような制度設計をやらなければいけない」との考えを述べました。



関連記事

  1. 「コメ政策に激変緩和」与党実務者が合意

  2. 日本住宅建設産業協会の会合に出席

  3. 野党5党「幹事長・国会対策委員長会談」

  4. 「予算関連で地方に配慮」市長会、町村会から要望

  5. 青森県八戸市で行われた街頭演説会に参加

  6. 青森・弘前市長から竜巻被害の生活再建支援で要望