「成人の日」街頭演説会に参加

2012_0109.jpg

 1月9日(月)、仙台市内で行われた党宮城県本部青年局(鎌田城行局長=仙台市議)の街頭演説会に参加し、新成人にエールを送ると共に党の若者雇用政策などを訴えました。

 私は、「日本経済は円高、デフレの影響で非常に厳しい状況にあり、若者の就職に対する不安も増大している」として、日本経済再生のためにも若年雇用の改善が喫緊の課題と強調。その上で、「問題解決の鍵は雇用のミスマッチの解消にある」と述べ、党の総力を挙げ若者の就職対策に取り組む決意を表明。また、近く開会される通常国会について、「成長戦略によってデフレを克服し、日本経済を立て直すとの信念で、堂々の政策論争を展開する」と訴えました。



関連記事

  1. 来春から「児童手当」復活へ 3党幹事長・政調会長会談

  2. 三陸道の早期完成を

  3. 住宅の税負担軽減へ ~住団連から要望聞く

  4. 「生活者の視点でIT社会の構築を」政策提言を発表

  5. 生活者に希望生む議員に ~埼玉の夏季議員研修会であいさつ

  6. 地元仙台で新年事務所開き