仙台・福島・盛岡で新春街頭演説会に出席

0104gaitou_03.jpg

 1月2日(土)、仙台市内及び福島市、盛岡市で新春の街頭演説会を行いました。街頭演説会には、石橋信勝県会議員(党宮城県本部代表)、甚野源次郎県会議員(党福島県本部代表)、小野寺好県会議員(党岩手県本部代表)のほか地元の県議会議員、市議会議員が参加しました。

 街頭演説で私は、公明党が県民の健康を守る施策と除染対策へ最優先に取り組んできたことを強調。今後も現場の声を受け止め、被災者に寄り添った政治を前進させる、と力説しました。その上で、「公明党は、今年を『復興元年』と位置付け、市町村、県、国のネットワークとチーム力で福島再生のため死力を尽くす」と訴えました。



関連記事

  1. 政治資金規正法改正を目指す!

  2. 党宮城県本部「少子対策シンポジウム」に参加

  3. 防災拠点の耐震化急げ ~政府・与党連絡会議に出席

  4. 台風災害を激甚指定に ~政府へ与党対策本部

  5. 「新幹線の早期整備を」整備新幹線関係期成同盟会から要望

  6. 「NPO法人宮城県患者・家族団体連絡協議会」設立報告会に出席