仙台・福島・盛岡で新春街頭演説会に出席

0104gaitou_03.jpg

 1月2日(土)、仙台市内及び福島市、盛岡市で新春の街頭演説会を行いました。街頭演説会には、石橋信勝県会議員(党宮城県本部代表)、甚野源次郎県会議員(党福島県本部代表)、小野寺好県会議員(党岩手県本部代表)のほか地元の県議会議員、市議会議員が参加しました。

 街頭演説で私は、公明党が県民の健康を守る施策と除染対策へ最優先に取り組んできたことを強調。今後も現場の声を受け止め、被災者に寄り添った政治を前進させる、と力説しました。その上で、「公明党は、今年を『復興元年』と位置付け、市町村、県、国のネットワークとチーム力で福島再生のため死力を尽くす」と訴えました。



関連記事

  1. 復興へ“二つの風”と闘う ~福島・いわき市のセミナーで強調

  2. 岩手、秋田の県本部大会に出席

  3. 「公明が核廃絶進める」党合同会議に出席

  4. 後期高齢者医療制度について意見交換―医療制度委員会―

  5. 「介護離職ゼロ」めざす

  6. 「がん検診率の向上を」仙台で署名活動に参加