党訪韓団・農業団体会長、政府局長とFTAで意見交換

2011_1226_3.jpg

 12月26日(月)午後、公明党訪韓団はソウル市内で金俊奉・韓国農業経営人中央連合会会長と会談し、韓国の自由貿易協定(FTA)をめぐる状況などについて意見交換をしました。

 席上、金会長は韓米FTA締結について「無条件に反対しているわけでなく、先に国内対策を講じた後に批准するよう求めてきた」と主張。日韓FTAに対しては「日本からは部品や機械の輸出が期待され、韓国は農畜産物の価格が安いので輸出が増えるだろう」として、両国に利益があるとの考えを示しました。

 私は「国によって農業のあり方が多様だ。その多様性を尊重した上で、FTAなどを進めていく必要がある」と強調しました。

 一方、訪韓団一行は、ソウル市内の韓国外交通商部を訪れ、李允榮FTA交渉局長と会談。FTAに対する韓国政府の取り組みや考え方で意見を交わしました。



関連記事

  1. 「孤立集落の救助急げ」党大雪被害対策本部

  2. 日税連、公認会計士協会の賀詞交歓会に出席

  3. 宮城・大崎市議選がスタート

  4. 「アスベスト被害」万全の被害者救済策を

  5. 東北大学で「震災と政治」テーマに講演

  6. 岩手・県政報告会に出席