都構想などで橋下大阪市長らと意見交換

2011_1220.jpg

大阪再生、活性化に協力

 12月20日(火)午後、山口那津男代表と共に、東京都新宿区の公明会館で、19日に就任した橋下徹・大阪市長と、松井一郎・大阪府知事の表敬を受け懇談しました。これには白浜一良参院会長、石井啓一政務調査会長、高木陽介広報室長(衆院議員)、佐藤茂樹同府本部代表(同)が同席しました。

 山口代表は、大阪市長選と大阪府知事選の結果を踏まえ、「大阪の再生、活性化に対する強い(有権者の)期待の表れだ。その点では、われわれも思いを共有しており、協力していきたい」とし、党内に「大阪都構想」を含む大都市行政の問題を検討するプロジェクトチームを発足させたことを説明しました。

 橋下市長は「大阪都構想から、いずれは道州制という形をめざして進めていきたい」と表明。さらに、税収を都区間で配分する財政調整制度の創設などを求めた上で、「国がつくるというのではなく、地域が主導して、制度(づくり)を進めていきたい」との考えを示しました。

 会談後、山口代表は記者団に対し、「(市長らが都構想)制度の中身を今、検討されているようなので、よく伺いたい」とし、「地域がこう進めたいという方向には基本的に賛同しながら、バックアップしていきたい」と述べました。



関連記事

  1. 北に核放棄を迫れ ~党対策本部、緊急会合を開催

  2. 中連部訪日団と会談

  3. 埼玉県朝霞市で街頭演説会

  4. 農家の不安 解消へ―各地のフォーラム踏まえ経営安定など7項目要望―

  5. 会津若松市・福島県本部主催の新春政経セミナーに出席

  6. 「暴挙、断じて許されず」 ~党対策本部が初会合