宮城県岩沼市議選がスタート

20111211.jpg
12月11日(日)、この日告示となった岩沼市議会議員選挙(定数18)の応援に駆けつけ、激戦を戦う「長田ただひろ候補」への支援を訴えました。

冒頭私は、震災発生から9ヶ月、公明党は、議員・党員が一丸となって、被災者の激励と救援、現地調査と震災対応・復興対策に取り組んで来たことを強調。公明党のネットワーク力で被災者の要望が数々実現されていることに触れ、「地域の一日も早い復興のために、公明党の候補者を断じて勝たせてほしい」と訴えました。長田ただひろ候補の震災対応の議員活動の一端を報告すると共に、同候補の人柄や政策を紹介し、絶大なる支援を訴えました。

関連記事

  1. 白河市など5市町村が国交相に陳情

  2. 「成人の日」街頭演説会に参加

  3. 雇用の安全網を強固に ―政府・与党連絡会議―

  4. 「本格復興の「補正」早く」 与野党幹事長会談

  5. 復興で東北に勢いを ~党岩手県本部の政経懇話会に出席

  6. 「出産一時金の引き上げ等をを主張」医療改革協議会