「がれき広域処理を推進」党チームが初会合

2011_1130_1.jpg

 11月30日(水)、私が本部長を務める公明党の東日本大震災対策本部は、同本部の下に「被災がれき広域処理推進チーム」を設置し、衆院第2議員会館で初会合を行いました。

 席上、私は「震災の発災から間もなく9カ月になろうとしている。ようやく第3次補正予算も成立し、本格的な復興の緒に就いた」と述べ、被災地の復興計画が具体的に進むようサポートしようと呼び掛けました。

 その上で岩手、宮城両県で大量発生した災害廃棄物(がれき)の処理が思うように進んでいない実態に触れ、「党としても全国の議員のネットワークを通じて、広域処理が進むようにしっかり取り組みたい」と強調しました。

 会合では、環境省から広域処理の現状を聞くとともに、内閣官房復興対策本部から復興交付金に関して説明を受けました。



関連記事

  1. 各種団体の代表と懇談

  2. 経済協力 着実に推進 ~中国・福建省 代表団の表敬受ける

  3. “勝ち抜ける力”磨こう ~党京都府本部の夏季議員研修会に参加

  4. 「口蹄疫対策」で日本酪農政治連盟から要望

  5. 「福島の復興加速を」財源確保、交付金拡充で佐藤知事から要望

  6. 日本民営鉄道協会の会合に出席