党愛媛県本部主催の党員研修会に出席

2011_1126.jpg

 11月26日(土)、愛媛県砥部町内で行われた党愛媛県本部(笹岡博之代表=県議)の「党員研修会」に出席し、挨拶をしました。これには、石田祝稔衆院議員が出席しました。

 私は、地域活動や公明新聞拡大など党勢拡大に奮闘する党員に感謝の意を表明。「地域の最前線で議員と一体となって公明党を支えていただいている。私たちも公明党の旗を地域で高く掲げながらしっかり闘っていく」と力説しました。

 また、東日本大震災で公明議員が、自ら避難生活を送りながら被災者支援に取り組んできたことを紹介し、「公明のネットワークとチーム力で、これまでに700項目以上の現場の声を政府に届け、被災者の支援を具体的に進めてきた」と強調しました。

 さらに、来年9月に「大衆とともに」との立党精神の宣言から50年の節目を迎えるとし、「2013年の政治決戦に大勝利し、次の50年に向けて党の揺るぎない基盤を構築したい」と訴えました。



関連記事

  1. 岩手県で写真展「『人間の復興』へ」がスタート

  2. 「政府が減反廃止案」党農水部会

  3. 概算要求でJA全中、JF全漁連と意見交換

  4. 「財政・経済一体改革会議」実務者協議会の初会合に出席

  5. 衆院区割り 答申を尊重し議論 ~「違憲状態」解消を

  6. 政経フォーラム2003を開催