「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望

2011_1108_1.jpg

 11月8日(火)、山口那津男代表と共に、国会内で青森県漁業協同組合連合会の赤石憲二代表理事会長らと会い、漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の恒久化などを求める要請を受けました。これには横山信一参院議員、伊吹信一青森県議も同席しました。

 赤石代表理事会長は、免税措置の期限が来年3月末までとされていることから「免税措置がもし切れたら、(多くの)漁業者は廃業に追い込まれる」との懸念を示した上で、「(恒久化で)免税を続行していただきたい」と訴えました。また、農林漁業用A重油に対する石油石炭税の免税・還付措置の恒久化なども要望しました。

 山口代表は「しっかり党で検討したい」と応じました。



関連記事

  1. 中小企業支援を力強く ― 岡村正新会頭の就任式に出席 ―

  2. 党岩手県本部主催の政経懇話会に出席

  3. 警備員の人材確保を ~関係団体と意見交換

  4. 生業と生活再建に総力 ~郡山のセミナーに出席

  5. 被災地の4市議選がスタート

  6. ロシア・ドボルコヴィッチ大統領補佐官と懇談