「軽油引取税・免税措置の恒久化を」青森県漁連から要望

2011_1108_1.jpg

 11月8日(火)、山口那津男代表と共に、国会内で青森県漁業協同組合連合会の赤石憲二代表理事会長らと会い、漁業用軽油にかかる軽油引取税の免税措置の恒久化などを求める要請を受けました。これには横山信一参院議員、伊吹信一青森県議も同席しました。

 赤石代表理事会長は、免税措置の期限が来年3月末までとされていることから「免税措置がもし切れたら、(多くの)漁業者は廃業に追い込まれる」との懸念を示した上で、「(恒久化で)免税を続行していただきたい」と訴えました。また、農林漁業用A重油に対する石油石炭税の免税・還付措置の恒久化なども要望しました。

 山口代表は「しっかり党で検討したい」と応じました。



関連記事

  1. 党山形県本部主催「政経セミナー」に出席

  2. 北陸新幹線の早期開業へ支援を訴え ~沿線知事らから要望

  3. 未来担う若者にエール ~「成人の日」街頭演説会に参加

  4. 仙台市で「憲法記念日街頭演説会」に参加

  5. 母校・東北大学を視察

  6. 経済3団体、日弁連、石油連盟の新年会に出席