ADR機関の利用訴え 社労士連盟から要望

2011_1108_2.jpg

 11月8日(火)、私が会長を務める公明党の社会保険労務士議員懇話会は、参院議員会館で全国社会保険労務士政治連盟(堀谷義明会長)と全国社会保険労務士会連合会(金田修会長)から要望を受けました。これには、山口那津男代表らも同席をしました。

 堀谷会長らは、裁判外紛争解決手続き(ADR)機関が全国で39カ所開設されていることを紹介。法サービスを国民に普及する観点から、運営費についての支援を要請するとともに、「国としてADR機関の利用を促す広報を」と訴えました。このほか社会保険労務士法に関して(1)社労士の活動分野の拡大(2)1人法人制度の実現―などを進める改正を求めました。

 私は「実現のために頑張りたい」と述べました。



関連記事

  1. 参院選勝利の上げ潮を ~党宮城県臨時本部大会

  2. 「出先機関移管、強力に」関西広域連合 地方分権の推進で要請

  3. 国連決議への挑戦 ~公明党北朝鮮問題対策本部緊急会合

  4. 防災拠点の耐震化急げ ~政府・与党連絡会議に出席

  5. 党機構改革委が初会合

  6. 衆院解散の演説(要旨)