伊藤かずひろ宮城県議の連合後援会決起大会に出席

_1_20111018135249.jpg


10月17日(月)、仙台市内で開催された伊藤かずひろ県議(県議選予定候補)の連合後援会決起大会に駆け付け、絶大な支援を訴えました。

私は、菅前首相の政権延命のために本格的な補正予算の編成が先延ばしされ、東日本大震災の復興が遅れた、と厳しく批判しました。

さらに、被災者に対して、県が民間賃貸住宅を借り上げて仮設住宅として提供する制度に触れ「悩んでいた被災者の声を公明党の地方議員が聞き、国会議員につないでネットワークで実現した」と強調。また、伊藤氏が議員特権の廃止を訴え続け「年間3000万円の経費を削減した」と紹介しました。

最後に、私は「宮城県の復興を加速させるためには伊藤氏が必要だ」と強く述べ、絶大な支援を呼び掛けました。これに先立ち、伊藤かずひろ氏が力強く必勝への決意を述べた。



関連記事

  1. 治水の抜本強化必要 ~福岡県知事から要望受ける

  2. 第8回公明党全国大会を開催

  3. 明年の政治決戦に勝つ ~宮城県本部大会であいさつ

  4. 都市農業活性化の要望を受ける

  5. 党税制調査会が始動 

  6. 党首会談「信問う」確認を 3党幹事長会談