3次補正予算で協議 3党幹事長会談

2011_1006.jpg

選挙制度改革 格差是正で各党協議へ

 10月6日(木)午後、民主、自民、公明の3党は国会内で幹事長会談を開き、2011年度第3次補正予算案や、同日に初公判が行われた小沢一郎民主党元代表の証人喚問などについて協議をしました。

 席上、民主党の輿石東幹事長は3次補正に関して、政府が7日に基本方針を閣議決定することを説明し、「一日も早く成立できるようお願いしたい」と要請。私は「この夏以来、早く国会で通し執行すべきと繰り返し訴えてきたが、いまだに閣議決定されず国会にも提出されていない」と指摘。政府の基本方針が決まれば、「私どもは(復興予算などについて)すでに提言しているので、説明を受けた上で、公明党の考え方が反映されているのかなどを申し述べる用意がある」と答えました。

 また、野党側が再三求めている小沢氏の証人喚問について、輿石氏は「国会における説明責任や道義的責任については、(与野党幹事長会談で)『重く受け止め対処する』と言ったが、裁判の行く末を少し見守ってほしい」と述べ、応じる考えを示しませんでした。

 私は「国会における自浄能力は民主党の対応いかんにかかっている。実現に向けて努力すべきだ」とあらためて促しました。

 一方、輿石氏は衆院の「1票の格差」是正の問題に触れ、「(衆院選挙区画定審議会の勧告期限である)来年2月には結論を出さないといけない」とし、各党協議の場を設置することを呼び掛けました。

 私は「早く結論を出すべき重要な問題で、どういう形で協議するのか与党としての案を出してもらいたい」と述べ、輿石氏は「次の機会までに提案したい」と答えました。



関連記事

  1. 「まちづくり三法見直し」を北側国交相に申し入れ

  2. 党宮城県本部主催の「観光振興シンポジウム」に出席

  3. 地域発展に不可欠―整備新幹線について要請受ける―

  4. 「がん検診率の向上を」仙台で署名活動に参加

  5. 各種団体と意見交換

  6. 全国知事会など地方6団体と意見交換