宮城県迫町・加美町で街頭演説会


▲(写真右)佐藤まさる町議会議員(登米市議選予定候補)

▲(写真右)一条ひろし候補(新人)
3月6日(日)、宮城県迫町で行われた街頭演説会に参加しました。これには、小野寺初正県議会議員、佐藤まさる町議会議員(登米市議選予定候補)も参加しました。


街頭演説会では、日頃より心温まるご支援に感謝を申し上げるとともに、介護予防、少子化対策など通常国会の政策課題に庶民の目線に立ち地域に根ざした活動を展開している公明党の取り組みを紹介しました。
また、登米地域9町の合併に伴う登米市議選挙予定候補者の佐藤まさる町議会議員(現職)の長沼川改修事業の取り組みや実績を紹介するとともに、力強い支援を訴えました。





 同日午後には、加美町4ヶ所で行われた街頭演説会に参加。
結党40周年を迎えた責任ある政党として、国・県・市町村が一帯となり地域社会をつくる担い手として、来る3月15日(火)に告示される合併後初の加美町議選挙(3月20日投票)に立候補予定の一条ひろし候補(新人)の人柄や政策等を紹介するとともに、絶大な支援を訴えました。




合併による選挙区域変更や定数減など各地の情勢は緊迫していますが、得票増をめざした攻めの戦いで、連続勝利(3月現在で109カ月)を伸ばし、党勢拡大をさらに高めていきたいと決意しています。

関連記事

  1. 命守る防災 強力に推進 ~青森県夏季議員研修会であいさつ

  2. 「復興へ支援さらに」北海道・東北・北陸3経済連合会から要望

  3. 「全面的に政府の対応支援」与党シリアにおける邦人拘束事案対策本部

  4. 政規法改正案を提出

  5. 衆院議長へ「国会正常化」を申し入れ

  6. 「まちづくり三法見直し」を北側国交相に申し入れ