「復興促進へ公明勝利を」 岩手県議選を全力で応援

_1_20110906112352.jpg


9月5日(月)、東日本大震災の影響で延期され、11日(日)に投票が行われる岩手県議選盛岡選挙区(定数10、区域=盛岡市)で激闘を繰り広げている「おのでら好」(59)候補の街頭演説会に駆け付け、混戦突破へあと一押しの支援を訴えました。

街頭演説の中で私は、先の通常国会で災害弔慰金を兄弟姉妹だけで暮らす家族にも支給する改正法など、公明党が現場の声を基に28本の議員立法の成立をリードしてきたことを紹介しました。

次いで、野田佳彦新首相について「菅政権当時、財務相であった野田首相にも、震災対応が遅れたことへの責任がある」と厳しく指摘しました。

さらに、「公明党のネットワーク力を発揮し、震災復興を前進させるためにも、おのでら好候補を断じて勝たせてほしい」と呼び掛けました。



関連記事

  1. 原発賠償、きめ細かく ~福島県原子力損害対策協議会から要望

  2. 公明が東北創生リード ~岩手県政経懇話会

  3. 通常国会閉幕、両院議員総会を開催

  4. 党岩手県本部の夏季議員研修会に出席

  5. 復興で東北に勢いを ~党岩手県本部の政経懇話会に出席

  6. 中小企業支援 手厚く ~党懇話会に要望