公明党青森県本部の夏季議員研修会に出席

2011_0827.jpg

党勢拡大へ活発に研修会
日常の議員活動に全力を


 8月27日(土)、青森県むつ市内で開かれた党青森県本部(伊吹信一代表=県議)の夏季議員研修会に出席しました。

 私は、退陣する菅直人首相について「居座りを続けて政治空白を招き、国益を損ねた責任は極めて重い」と厳しく批判。「次に誰が首相になろうとも、公明党は野党として政権のチェック機能を果たす」と強調した上で、「これまで同様、震災復興など必要な政策の実行には協力していく」と述べました。

 また、東日本大震災後の公明党の活躍に触れ、「ネットワーク力のある公明党こそ、支え合う社会を実現できる。党勢拡大への取り組みを強化し、地域に公明党の旗を打ち立てよう」と訴えました。

 さらに、9月25日(日)告示、10月2日(日)投票の同県むつ市議選(定数26)に挑戦する現職の鎌田ちよ子市議と新人の菊池みつひろ党県民運動局次長を紹介、「総力を挙げ1議席増を勝ち取ろう」と呼び掛けました。



関連記事

  1. 介護総点検の促進を表明

  2. 「国会改革、協議入り合意」与野党幹事長・国対委員長会談

  3. 大阪市内で開かれた「毎日21世紀フォーラム」で講演

  4. 首脳間交流の促進を確認

  5. 脳外傷・高次脳機能障害団体と共に大臣要請

  6. 仙台市で「憲法記念日街頭演説会」に参加