被災地復興で連合から要請

2011_0617_1.jpg

 6月17日(金)、衆院第1議員会館で日本労働組合総連合会(連合=古賀伸明会長)の南雲弘行事務局長らと懇談し、東日本大震災の被災地復興・再生などに向けた政策に関する要請を受けました。これに石井啓一政務調査会長(衆院議員)らが同席しました。

 南雲事務局長らは、国内外のサプライチェーン(供給網)や地域、雇用の早期再生を図るため、核となる企業への重点的な支援や時限的な規制緩和を求めました。私は「しっかり取り組みたい」との考えを述べました。



関連記事

  1. 社会保険労務士会役員と意見交換

  2. 中小企業支援を力強く ― 岡村正新会頭の就任式に出席 ―

  3. 経営安定、担い手支援に全力 

  4. 福島・いわき市議選がスタート

  5. 地元仙台で新年事務所開き

  6. アスベスト認定健康被害者に迅速な対応を!