日本住宅建設産業協会の会合に出席

2011_0601_2.jpg

 6月1日(水)、山口那津男代表と共に都内で開かれた日本住宅建設産業協会(日住協、神山和郎理事長)の会合に出席しました。これには、太田昭宏全国代表者会議議長、竹内譲衆院議員、長沢広明参院議員も出席しました。

 山口代表は、東日本大震災により、多くの人々が居住の自由を脅かされている現状を踏まえ、「今の政権与党の対応はいかにも遅い」と批判。公明党が国民の期待に全力で応えていくことを訴えました。



関連記事

  1. 原発賠償など長期避難者から要望

  2. 天皇退位、3月中旬までに意見集約

  3. 政府が公明党の申し入れを反映することを決定

  4. 日本経済団体連合会と意見交換

  5. 盛岡市から都市整備・道路整備の要請

  6. 各種団体と意見交換