「地域活性化には人材が必要」議長会と懇談

2011_0530.jpg

 5月30日(月)、衆院第2議員会館で全国都道府県議会議長会の山本敏信会長職務代理者、全国市議会議長会の五本幸正会長、全国町村議会議長会の中崎和久会長職務執行者の訪問を受け、懇談をしました。これには、西博義総務部会長(衆院議員)が同席しました。

 一行は、地方議員年金廃止法の成立に言及。地域活性化には、議会に人材が集まる仕組みが必要と指摘しました。

 私は「議会活動と議会改革を通じて、地方議員の重要性を有権者に理解してもらうことが重要だ」との考えを示しました。



関連記事

  1. 雇用保険法など改正をめざす ~社労士団体新年会に参加

  2. 風力発電団体から電力買い取りについて要望

  3. コロナ療養で郵便投票 ~特例法、都議選から適用へ、与野党が合意

  4. 東北女性議員研修会に参加

  5. 団体新年会であいさつ ~日税連、ビルヂング協会、全国郵便局長会など

  6. 税制改正へ党内議論が本格スタート