児童デイサービスの利便性向上を!西博義副大臣に申し入れ

 3月28日(月)、青森地区発達支援通園事業連絡協議会(山口富美子会長)のメンバーと共に、児童デイサービス事業利用の利便性向上と保護者の負担軽減などを求め、西博義厚生労働副大臣と面談をしました。これには、風間ひさし参議院議員、伊吹信一青森県議会議員、赤木青森市議会議長が同席しました。


 山口会長らは、支援費制度による障害児のデイサービスが小学生までの利用になっている実状を説明。その上で、①デイサービスの中高生までの年齢引き上げ ②学校と施設間送迎の支援費による運用の認可 ―などを要望しました。
 サービスの年齢引き上げについて、西副大臣は2005年度の新規事業として、「障害児タイムケア事業(デイサービス事業所などで中高生障害児を預かり、社会に適応する日常的訓練を行う事業)で対応したい」と述べ、学校と施設間送迎についても検討する考えを示しました。



関連記事

  1. 衆院選挙制度改革法案 全野党の反対押し切り強行採決

  2. 「原油高騰問題」早期対応を

  3. 党訪韓団・農業団体会長、政府局長とFTAで意見交換

  4. 「国連防災世界会議」へ向け東北大学災害研・平川所長らと懇談

  5. 宮城・栗原市議選がスタート

  6. 介護老人福祉施設の敬老会に参加