山形県議会議員選挙がスタート

2011_0403.jpg
4月3日(日)、4月10日投票の山形県議会議員選挙(山形市選挙区・定数9)の新人・きくち文昭候補の応援に駆け付け、街頭演説、個人演説を行いました。

同市七日町商店街でマイクを握った私は、東日本大震災後、自ら13市6町の被災地で救援・調査活動に当たったことを踏まえ、「支え合う力を社会の仕組みとして確立していかなければならない」と強調。公明党の国会議員、全国の地方議員が被災者の安否確認や生活支援などにネットワーク力を発揮している、と紹介する一方、ドクターヘリなど命を守る政策実現を目指す、きくち文昭候補の人柄や政策を紹介し、絶大な支持を訴えました。

関連記事

  1. 人命尊重を第一にあらゆる手立てを尽くす

  2. 東北青年局が小渕大臣と要望面談

  3. 東京・杉並区の地区委員会に出席

  4. 党秋田県本部夏季議員研修会に出席

  5. 東北農業元気アップビジョンについて説明 ―党農林水産部会―

  6. 党宮城県本部主催の新春賀詞交歓会に出席