福島・白河市議会選挙を応援

 福島県白河市議会選挙が4月10日(日)告示され、この日、公明党公認の山本ただお候補の応援に駆けつけました。これには、甚野源次郎県代表(県議会議員)、箭内喜訓県幹事長(同)ら地元議員も参加しました。


告示第一声では、山本候補の2期8年の実績を紹介するとともに、子育て支援や、社会保障制度改革など、公明党の政策を訴えました。また、地域の課題にも生活者の視点に立って、国会地方議会が連携し、解決のため努力することを約し支援を訴えました。


白河市議会議員選挙は17日(日)投票。定数24に対して26人が立候補し、少数激戦になっています。

関連記事

  1. 農水委員会で米価下落への対応を求む

  2. 全日本トラック協会から要望

  3. 「日本再建の責任担う」党宮城県本部議員総会に出席

  4. 「がれき広域処理を推進」党チームが初会合

  5. 大阪府内で街頭演説

  6. 岩手県北上市議選がスタート