宮城・石巻市で街頭演説会















伊藤けいじ予定候補(写真右)


渡辺たくろう予定候補(写真右)


size=-1>桜田せい子予定候補(写真右)
 4月10日(日)午後、宮城県石巻市の石巻駅前など3箇所で行われた街頭演説会に参加しました。これには、石橋信勝県代表(県議会議員)も参加しました。


 演説会では、日本は今、世界に例を見ない急速な少子高齢化の時代を迎えつつあり、社会保障制度の一体的な見直しや、本格的な少子化対策が求められていること、公明党がそれらの課題にそのために全力で取り組んでいることを訴えました。また、これからの日本は地方分権がますます進み、その担い手である地方自治体のあり方次第で地域の将来が決まる事を指摘。国会地方議会が連携してあらゆる課題に取り組んでいるネットワーク政党公明党への支援を訴えました。


 尚、1市6町が合併してできた新しい石巻市の第一回の市議会議員選挙が4月22日(金)告示、4月29日(金)投票の予定で行われます。公明党からは、伊藤けいじ、渡辺たくろう、桜田せい子の3人が立候補の予定で、この日の街頭演説会にも参加し、支援を訴えました。



関連記事

  1. 商工会全国大会に出席

  2. 「一体改革、修正協議参加へ」党中央幹事会

  3. 皇位継承の安定性など議論 ~「退位」で各党全体会議

  4. 経済協力 着実に推進 ~中国・福建省 代表団の表敬受ける

  5. 記者会見で「尖閣ビデオ流出」「TPP交渉」等について言及

  6. 風力発電団体から電力買い取りについて要望