公明党岩手県本部の時局講演会に出席

2011_0305.jpg

 3月5日(土)、岩手県盛岡市内で行われた党岩手県本部(おのでら好代表=県議選予定候補)主催の時局講演会に出席し、統一地方選の勝利へ絶大な支援を呼び掛けました。これには、竹谷とし子参院議員も出席しました。

 挨拶の中で私は、前原誠司外相が在日外国人から違法献金を受けていたことなど、閣僚の「政治とカネ」の問題が相次いで発覚したことを挙げ、「民主党はもうクリーンな政党の看板を下ろすべきだ」と批判。また、小沢一郎・元民主党代表の証人喚問が実現しないことに触れ、「民主党には政治とカネの問題を解決する力はない」と糾弾しました。

 おのでら県議は「県民の願いを実現するため、身を粉にして働く」と決意を述べました。



関連記事

  1. 地元仙台で新年事務所開き

  2. 住宅税制で日本経済団体連合会から要望

  3. 「予算案の早期成立めざす」政府・与党連絡会議

  4. 「第5次提言へ」東日本大震災復興加速化に関するPTの会合に出席

  5. 「復興加速へ政府に要望」政府・与党協議会

  6. 「2007年度予算概算要求」最重点項目を安倍官房長官に申し入れ