日弁連から要望

2011_0201.jpg

 2月1日(火)、山口那津男代表と共に衆院第1議員会館で日本弁護士連合会の宇都宮健児会長らと懇談し、政策要望を受けました。これには、漆原良夫国会対策委員長、大口善徳法務部会長(衆院議員)も同席しました。

 席上、宇都宮会長らは、取り調べの可視化推進などを要請。「密室取り調べは、えん罪事件の温床」との見解を示した上で、裁判員裁判の対象事件などから段階的に進めるべきだと主張。また、宇都宮会長らは「司法試験合格率の低迷と経済的な負担を背景に、法曹志望者が減っている」との懸念を表明。人材確保に向け、司法修習生への給費制維持などを要請するとともに、民事法律扶助の充実や、少年事件に関する国選付添人制度の対象事件拡充なども求めました。

 山口代表らは、要望に理解を示し、「国民の理解を得ながら進めていくことが重要」と応じました。



関連記事

  1. 仙台で東北復興会議を開催

  2. 三陸道の早期完成を

  3. 「生活と産業の復興さらに」気仙沼市視察

  4. 都内で「国政と都政を考える集い」を開催

  5. 政策綱領「マニフェスト2005」を発表

  6. (社)高層住宅管理業協会「懇親会」に出席