高次脳機能障害者団体と意見交換

 4月20日(水)、公明党厚生労働部会に新たに発足させた高次脳機能障害対策ワーキングチームの初会合が行われ、渡辺孝男参院議員(座長)、山名靖英衆院議員らと共に、顧問として私も出席しました。


 厚労省から支援策の現状と課題について説明を受けたあと、「モデル事業策の支援策の在り方」について、日本脳外傷友の会の東川悦子会長ら7当事者団体の代表と意見交換を行いました。


 厚労省は、同障害が増加傾向にあるとした上で、今国会に提出された障害者自立支援法案により、障害種別に関わらず支援を受けられる枠組みになると説明。この法制度を十分に活用しながら、同障害者への支援も拡充していきたい旨の方針を示されました。


 東川会長からは、リハビリ専門医の不足と、医療から福祉への連携不足が指摘され、各圏域ごとに中核的な支援センターが必要との要請が出されました。



関連記事

  1. 仙台市で「成人の日」街頭演説会に参加

  2. 八戸・三春屋の営業存続を大臣に要望

  3. 通常国会が閉幕、両院議員総会を開催

  4. 「グレーゾーン事態を議論」安全保障法制整備に関する協議会に出席

  5. 水産業の競争力強化へ ~全漁連から要請受ける

  6. 農家の不安 解消へ―各地のフォーラム踏まえ経営安定など7項目要望―