党宮城県本部主催の新春賀詞交歓会に出席

2011_0111.jpg

 1月11日(火)、仙台市内で行われた公明党宮城県本部(石橋信勝代表=県議)主催の新春賀詞交歓会に出席し挨拶をしました。これには、村井嘉浩宮城県知事、奥山恵美子仙台市長をはじめ多数の来賓が出席しました。

 挨拶で私は、民主党政権について「不況や雇用不安など国民の間に将来への不安が広がっているにもかかわらず政治が機能していない」と批判。「公明党は地方と国のネットワーク力を発揮し、国民生活を守る政治に全力を挙げる」と訴えました。この後、石橋、小野寺はつまさ、庄子けんいち、伊藤かずひろの各県議ら統一選に挑む予定候補28人を紹介し、支援を呼び掛けました。



関連記事

  1. 「臨時国会の召集早く」表敬の民主新執行部に要請

  2. 「デフレ脱却を力強く」連合と意見交換

  3. 日中改善の流れ強く ~武大偉特別代表表敬

  4. 九州新幹線予算確保の要望受ける

  5. 連合から政策要望

  6. 第4次イラク派遣部隊「隊旗授与式」に出席