仙台・盛岡・八戸 新春街頭演説会

2011_0102.jpg

 1月2、3日の両日、仙台市内、盛岡市内、八戸市内で新春街頭演説会を行いました。それぞれの街頭演説会には、石橋信勝県会議員(党宮城県本部代表)、小野寺好県会議員(党岩手県本部代表)、はたけやま敬一県会議員(党青森県本部幹事長)をはじめ地元の県議会議員・市会議員が参加しました。

 街頭演説で私は「公明党は『闘う野党』として現政権の非を厳しくただすとともに、国民生活を守る政策の実現に全力を挙げる」と述べました。また、「一人の声を受け止め、国政にまで反映させてきたのが公明党だ」と強調。さらに、「地域の生活を守るこのネットワーク力をさらに強固にするため、統一地方選を断じて勝利したい」と述べ、絶大な支援を訴えました。



関連記事

  1. 小さな声の実現が真骨頂 ~高倉氏の支援訴え

  2. 共同通信社「大阪きさらぎ会」で講演

  3. 「宅地被害 支援拡充せよ」平野復興相に要望

  4. 小さな声を政策に反映 ~石川県で新妻候補の実績強調

  5. 「救出作業一刻も早く」党御嶽山噴火災害対策本部

  6. 整備新幹線建設推進プロジェクトチームの会合に出席