高速道路網の整備早く ~関西推進協から要望受ける


9月8日(火)、私は衆院第2議員会館で、関西圏の官民10団体でつくる「関西高速道路ネットワーク推進協議会」(松本正義代表=関西経済連合会会長)から、高速道路網の整備に関する要望を受けました。

松本代表らは、関西圏の環状ネットワーク形成に必要な「名神湾岸連絡線」の整備に関し、渋滞解消や物流機能の強化などにつながるとして、来年度の事業化を要望。当初2026年度末の完成を予定していた「淀川左岸線(2期)」については、25年の大阪・関西万博のアクセスルートとして活用するため、早期整備に向けた予算確保を要請しました。また、大規模災害の頻発化に触れ、今年度で終わる「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」の継続なども求めました。

私は「着実に整備が進むよう、しっかり取り組んでいく」と述べました。

関連記事

  1. 北東北3県知事と意見交換会

  2. 社団法人日本エクステリア建設業協会賀詞交歓会に出席

  3. 南東北の交通網整備を国交大臣に要請

  4. 「予算案の早期成立めざす」政府・与党連絡会議

  5. 整備新幹線の早期開通を要望 ~期成同盟会から要望受ける

  6. 記録的な豪雨 生活再建、復旧へ調査