阿武隈急行全線開通30周年記念式典に出席


7月1日(日)、私は福島県福島市と宮城県柴田町を結ぶ阿武隈急行線の全線開通30周年を記念する式典に参加し、あいさつをしました。

私は30周年の節目に対して祝意を述べ、その上で「地方鉄道には厳しい環境ではある。しかし阿武隈急行は東日本大震災の際も2ヶ月という驚異的なスピードで全線の運行再開にこぎつけた。地元の皆様の想いの証であり、私も応援団の一人として支援していく」とあいさつしました。

関連記事

  1. 中小企業の労働環境をより良く ~全国中央会の会合に出席

  2. 日韓の絆 さらに強く ~民団の新年会に出席

  3. 東京から日本を変える ~東京都・北区の時局講演会に参加

  4. 高齢社会で司法書士の役割大きい

  5. 北の完全な核放棄めざす ~政府・与党協議会を開催

  6. 国道48号線、八幡5丁目地内と栗生1丁目地内の安全安心に関する陳情