防災・復興で国際連携 ~UNDP総裁補と懇談

10月9日(火)、私は衆院第2議員会館で、ウリカ・モデール国連開発計画(UNDP)総裁補(国連事務次長補)の表敬を受け、懇談しました。

席上、モデール総裁補は、UNDPが注力する持続可能な開発目標(SDGs)の推進に関して「日本における経済界や市民社会、教育機関の参画の裾野をさらに広げたい」と述べ、取り組みの強化に向けて協力を求めました。

私は、「SDGsは公明党の理念と通じており、地方議員と協力しながら各地で推進している。政府にも一層の支援を働き掛け、機運を高めていく」と応じました。

一方、私とモデール総裁補は、地球規模で激甚化する自然災害に対する防災・減災や、復旧・復興での各国の連携について、2015年に仙台市で開催された国連防災世界会議で採択された「仙台防災枠組」を踏まえて意見交換。モデール総裁補が「東日本大震災の経験と教訓を共有化することの重要性に、われわれは、より価値を見いだすべき」と述べたのに対し、私は「災害が『人間の安全保障』への脅威となっており、力を合わせたい」と語りました。

関連記事

  1. 全日本トラック協会から要望

  2. 「公明が日本を立て直す」青森県3市で街頭演説

  3. 党宮城県本部仙南総支部の国政報告会に出席

  4. 谷地掘改修計画報告会に参加

  5. 日弁連・弁政連との懇談会に出席

  6. 高速道路網 早期整備を ~関西高速道路ネットワーク推進協議会から要望