議員力を磨こう ~党秋田県本部夏季議員研修会であいさつ


8月18日(日)、私は秋田市で開かれた党秋田県本部(田口聡代表)の夏季議員研修会に出席し、「国民の期待に応えるため、議員力に磨きをかけていこう」と訴えました。

私は、「大衆とともに」の立党精神と結党の原点を日々確認し、体現する必要性を強調。その上で「政策や実績、議員活動を有権者に“見える化”できる発信力、拡大力、現場力を培い、もう一段上の議員力のアップを」と力説しました。

また、東日本大震災の被災3県で続く「東北復興選挙」について「断じて完全勝利し、揺るぎない党の基盤を築いていきたい」と力を込めました。

研修会では、横山信一参院議員が海洋プラスチックごみ対策について説明。塩田博昭参院議員が「秋田は学生時代に原点を築いた地。恩返しをするつもりで働きたい」とあいさつしました。

関連記事

  1. 「口蹄疫対策」で日本酪農政治連盟から要望

  2. 長沼ダムの定礎式に参加

  3. 党秋田県本部夏季議員研修会に出席

  4. 印刷 「審議が国会の役割」 ~党代議士会であいさつ

  5. 安定政権で復興を前へ ~岩手の政経懇話会であいさつ

  6. 次の時代へ交流促進を ~北海道で日中与党交流協議会