警備員の人材確保を ~関係団体と意見交換


5月7日(火)、公明党警備業問題議員懇話会(会長=佐藤茂樹衆院議員)は、衆院第1議員会館で初会合を開き、私もこれに出席。全国警備業協会(青山幸恭会長)から、警備業の課題について意見を聞きました。

冒頭、あいさつに立った同懇話会の佐藤会長は「警備業は安全・安心な社会をつくっていくことに貢献されている。政策課題について意見を聞き、解決に向け前に進めていきたい」と述べました。

青山会長は、東京五輪・パラリンピックなど国際的な行事を控え、警備業の需要が高まる一方で、警備員が不足している現状を指摘。人材確保に向け、警備員の労務単価引き上げを求めるとともに、女性の就労を促す労働環境の整備が必要だと述べました。

関連記事

  1. 世田谷区の党地区委員会に出席

  2. 地域主権型道州制へ本格論議

  3. 安全で快適なバス事業の発展に期待 ~日本バス協会の懇親会に参加

  4. ADR機関の利用訴え 社労士連盟から要望

  5. 仙台・青年局街頭演説会

  6. 平成30年7月豪雨災害、街頭救援募金活動に協力