自公結束し防災を強化 ~総裁3選の首相と確認


9月20日(木)午後、自民党総裁選は自民党本部で投開票が行われ、安倍晋三首相が連続3選を決めました。総裁任期は2021年9月までの3年間。総裁選後、私と公明党の山口那津男代表は、国会内で安倍首相の表敬を受け懇談し、首相に祝意を示すとともに、相次いだ災害への対応に結束して当たることなどを確認しました。

席上、安倍首相は災害対応について「一日も早く生活を取り戻すため努力する。公明党と防災・減災対策を進めていきたい」と強調。私は「被災者が安心できるよう、今年度補正予算案の編成を検討してもらいたい」と要請しました。これに対し、安倍首相は検討する考えを示した上で、北海道胆振東部地震に関して「北海道は風評被害があるので、全域で旅行の割引を行いたい」と述べました。

外交課題で安倍首相は、来週訪米してトランプ大統領と首脳会談を行い、経済や貿易、北朝鮮問題に関して協議し、認識を共有したいとの意向を表明。日中関係では先の公明党訪中団に触れ、「公明党の議員外交に感謝している。私の訪中も万全を期し、具体的な成果を出したい」と述べた。山口代表は「その後も頻繁に首脳往来が続くようにしてもらいたい」と期待を寄せました。

また、安倍首相は、帰国後に自民党役員人事と内閣改造を行う考えを示しました。30日投開票の沖縄県知事選については、さきま淳候補の勝利へ公明党と協力して取り組むと語りました。

安倍首相の表敬訪問後、山口代表は国会内で記者会見し、今後の連立政権運営について、「的確に合意をつくりながら政策を実行していきたい。2020年の東京五輪・パラリンピックや、その後の経済状況などに配慮した取り組みが重要だ」との認識を示しました。

関連記事

  1. 広島土砂災害 危険箇所の備え万全に

  2. 国営みちのく杜の湖畔公園全園開園式に出席

  3. 整備新幹線検討委員会の会合に出席

  4. 日韓関係の未来開く ~文喜相韓国特使と会談

  5. 党秋田県本部夏季議員研修会に出席

  6. 鳥インフル 注意喚起せよ ~党鳥インフルエンザ対策本部