空白区で機関紙拡大に奮闘 ~山形・戸沢村 初の有権者比1%


山形県戸沢村では昨年12月から1月までの「機関紙拡大運動 集中期間」で初めて有権者比1%を突破。これを記念した党員会が1月31日(金)に同村で開かれ、私が出席し、推進に奮闘した党員、支持者に感謝を述べました。

同村は公明議員不在の空白区で党新庄支部(高橋富美子支部長=新庄市議)のメンバーが活躍しています。

竹山浩さんは「目標達成へ、互いに連携を取り頑張った」と報告。工藤幸子さんは「友人、知人に、漏れなく声を掛けて6人が愛読者になった」と語りました。前田美知子さんは、同村で2018年に発生した豪雨災害に触れ「わが家も浸水したが、公明議員がいち早く、駆け付けたことを訴えて拡大した」と発表しました。

私は「公明新聞は党勢拡大の原動力。支えてくださる皆さんの期待に応えられる政策の実現に総力を挙げたい」と話しました。

関連記事

  1. 「孤立集落の救助急げ」党大雪被害対策本部

  2. 山梨県から政策要望

  3. 富山県黒部市の時局講演会に出席

  4. 仙台で街頭演説会

  5. 風力発電団体から電力買い取りについて要望

  6. 青森市・十和田市女性健康セミナー