石油連盟、大日本水産会の交歓会に出席

1月7日(月)、私と斉藤鉄夫幹事長は、都内で開かれた石油連盟(月岡隆会長)の新年賀詞交歓会に出席し、あいさつしました。

席上、斉藤幹事長は、相次ぐ自然災害での経験などを踏まえ、「石油は国民生活と経済の基である」と力説。その上で、石油は今後とも活用していく重要なエネルギーだとして、安定的な供給網の構築に向けて「政治の立場から全力で頑張っていく」と訴えました。

大日本水産会の交歓会であいさつ

私と山口那津男代表は、都内で開かれた大日本水産会(白須敏朗会長)の新年賀詞交歓会であいさつし、白須会長らと懇談しました。斉藤鉄夫幹事長らも出席しました。

山口代表は、東京・築地市場に代わる豊洲市場(江東区)が昨年開場したことに触れ、「(新たな流通機能が)活発に維持されていくことが、われわれの務めだ」と強調。私は、水産業の成長産業化をめざす改正漁業法が昨年、成立したことに言及し、「水産王国復活のために頑張っていく」と述べました。



関連記事

  1. 「国会審議の再開を確認」3党幹事長会談

  2. ADR機関の利用訴え 社労士連盟から要望

  3. 公明党宮城復興支援会議に出席

  4. 全宅連の総会懇親会に出席

  5. NZ地震「安否確認・被災者家族へ万全な支援を」

  6. 岩手・二戸市議選挙、米田まこと候補が無投票当選