着実な建設めざし財源確保策を了承 ~与党整備新幹線建設推進PTに出席


12月18日(水)、自民、公明両党の与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)は、会合を開き、私もこれに出席。衆院第2議員会館で北陸新幹線(金沢―敦賀間)、九州新幹線(武雄温泉―長崎間)の財源確保策について国土交通省から報告を受け、了承しました。

国交省は、2020年度予算案に盛り込む整備新幹線の国費について、前年度を上回る804億円とする方針を説明しました。

PT側は移動時間の短縮や観光振興などの整備効果を見据え、22年度の開業目標時期に遅れないよう引き続き国費の増額を図ることを求めました。

また会合では、佐賀県内における九州新幹線の未着工区間に関し、国交省が県の理解を得ながら協議を進めていくことも確認しました。

関連記事

  1. 「立地補助金増額を」 福島復興へ財務相らに要望

  2. JR北海道労組から要請

  3. 日本バス協会の新年賀詞交歓会に出席

  4. 平成28年熊本地震対策本部の緊急会合を開催

  5. 住宅税制で日本経済団体連合会から要望

  6. 「円滑な価格転嫁実現を」税制改正で日商と意見交換