母船老朽化 支援を訴え ~党懇話会に日本捕鯨協会など

12月26日(水)、私が顧問を務める、公明党捕鯨を守る議員懇話会(会長=江田康幸衆院議員)は、参院議員会館で、今後の捕鯨政策について水産庁、外務省から説明を受け、日本捕鯨協会など関係団体から要望を聞きました。

席上、私は「商業捕鯨を再開する政府の決断は是としたい。30年ぶりの再開となるので、漁として成り立つようにしっかりと支え続けていきたい」と述べました。

関係団体は商業捕鯨の再開に向けた公明党の取り組みに謝意を表明。その上で、漁船団の中核となる老朽化した捕鯨母船の代替船建造への支援を求めたほか、鯨肉が安定供給できるようになるまで政府の後押しをお願いしたいと述べました。



関連記事

  1. 「2007年度予算概算要求」最重点項目を安倍官房長官に申し入れ

  2. 宮城・大崎市議選がスタート

  3. 大雪被害 今後も予断許さぬ ~菅官房長官に要請

  4. 日中首脳往来に意欲 ~与党訪中団、出発に向けて

  5. 政府と連携し対処 ~北朝鮮が弾道ミサイル

  6. 外国人労働者問題で細田官房長官に申し入れ