東北6県で情報交換を ~仙台市で観光振興シンポ


6月9日(土)、私は仙台市で開かれた「第3回新しい東北観光シンポジウム」に出席し、あいさつしました。
これには佐藤英道衆院議員、真山祐一前衆院議員らも参加しました。


私は、東日本大震災から7年が過ぎ、東北を訪れる観光客数が震災前の水準に戻りつつあることに言及。また、2030年までに中国で人口が1億人増えると言われていることから、「潜在的なインバウンド(訪日外国人客)需要は大きい」と語り、東北観光が大きな局面を迎えていることを強調しました。

その上で、「インバウンドを呼び込むためにも県を越えて観光振興を考えていくことが重要だ」と述べ、東北6県の観光関係者らが意見や情報を交換する同シンポジウムの重要性を力説しました。

このほか、同シンポジウムの実行委員長を務めた公明党宮城県本部の庄子賢一代表(県議)や駐仙台大韓民国総領事の朴容民氏があいさつに立ちました。

関連記事

  1. 「復興の加速化へ支援を」日本商工会議所から要望

  2. グループホーム火災事故で緊急申し入れ

  3. 支え合う社会を未来へ ~母校・東北大学で講演

  4. 青森市議会議員選挙がスタート

  5. 北に核放棄を迫れ ~党対策本部、緊急会合を開催

  6. 日本税理士政治連盟定期大会に出席