期待に応え、政策を実現 ~過去最高に躍進の参院選


7月21日(日)、第25回参議院議員選挙は、投開票されました。公明党は選挙区で埼玉・矢倉克夫氏、神奈川・佐々木さやかさん、愛知・安江伸夫氏、兵庫・高橋光男氏、福岡・下野六太氏が激戦を突破。東京・山口那津男氏、大阪・杉久武氏も当選し、7選挙区で完全勝利を果たしました。比例区では7議席を獲得。選挙区と合わせて13議席以上の目標を達成し、参院公明党として非改選の14議席と合わせて28議席となり、現行の選挙制度では過去最高の議席となった。自民、公明の与党両党では、目標の改選議席の過半数(63議席)を超えました。献身的なご支援をいただいた党員、支持者ならびに創価学会員の皆さまに心から感謝申し上げます。

私や山口那津男代表、斉藤鉄夫幹事長をはじめとした党幹部は、開票センターが設置された東京都新宿区の党本部に入り、開票状況を見守りました。

関連記事

  1. 自工会など4団体から「車体課税の見直し」に関する要望

  2. 青森県木造町、平賀町の時局講演会に参加

  3. 「損害賠償を迅速に」日本商工会議所から要望

  4. 商工会全国大会に出席

  5. JF全漁連の大会で挨拶

  6. 党静岡県本部大会に出席