明年の政治決戦に勝つ ~宮城県本部大会であいさつ

10月13日(土)、私は仙台市で開かれた党宮城県本部大会に出席し、発災から7年7カ月を迎えた東日本大震災の復興加速へ決意を述べました。

私は、与党としてこれまで復興に向けた提言を7回にわたり政府に提出してきたと強調。復興期間までの残り2年半を「復興の総仕上げとなる大事な時期」とし、「震災によって被災者が失ったアイデンティティー、存在意義を取り戻すのは並大抵のことではない。一人一人が心の復興、人間の復興を成し遂げるまで寄り添い続けていく」と力説しました。

また、来年の参院選と、それに前後して被災3県で地方選が相次ぎ行われる「東北復興選挙」などに言及し、「公明党の新たな歴史をつくる最初の戦いだ。議員、党員が団結して勝ち抜こう」と呼び掛けました。

大会では再任された庄子賢一県代表(県議)が抱負を述べ、来賓の郡和子・仙台市長らがあいさつしました。

関連記事

  1. 日本税理士政治連盟定期大会に出席

  2. 議員率先で機関紙拡大―党機関紙購読推進委員会―

  3. 漁業、林業の政策提言を発表

  4. 「女まぐろの会」、青森県漁協と共に国交省・水産庁に要望

  5. 程永華・新中国大使と懇談 ―友好関係を一層深く―

  6. 公明党税制調査会・拡大幹事会