政治の安定に公明寄与 ~伊藤氏会合であいさつ


11月12日(月)、私は名古屋市で開かれた伊藤渉衆院議員の後援会総会であいさつしました。新妻ひでき参院議員、安江のぶお党青年局次長が出席しました。

私は、公明党の全議員が住民一人一人の声を聞く「100万人訪問・調査」運動を行ったことを紹介。「国民の身近に政治があると実感してもらうことが、国政の安定につながる。公明党が果たしている役割は大きい」と語りました。安江氏は「青年の力を糾合し、日本の未来のために働きたい」と訴え、新妻氏は「皆さまの声援を励みに戦い抜く」と述べました。

来賓として大村秀章愛知県知事、東海旅客鉄道株式会社の金子慎代表取締役社長らがあいさつしました。

関連記事

  1. 社会保障 全世代で充実 ~政府・与党連絡会議に出席

  2. 統一地方選前半戦に「完勝」

  3. 「国会改革、協議入り合意」与野党幹事長・国対委員長会談

  4. 北陸新幹線の早期開業へ支援を訴え ~沿線知事らから要望

  5. 復興拠点支援が必要 ~福島・双葉町長から要望受ける

  6. 「被災農地 国が買い上げを」JA全中から第2次要請