政治の安定に公明寄与 ~伊藤氏会合であいさつ


11月12日(月)、私は名古屋市で開かれた伊藤渉衆院議員の後援会総会であいさつしました。新妻ひでき参院議員、安江のぶお党青年局次長が出席しました。

私は、公明党の全議員が住民一人一人の声を聞く「100万人訪問・調査」運動を行ったことを紹介。「国民の身近に政治があると実感してもらうことが、国政の安定につながる。公明党が果たしている役割は大きい」と語りました。安江氏は「青年の力を糾合し、日本の未来のために働きたい」と訴え、新妻氏は「皆さまの声援を励みに戦い抜く」と述べました。

来賓として大村秀章愛知県知事、東海旅客鉄道株式会社の金子慎代表取締役社長らがあいさつしました。

関連記事

  1. 残業の過少申告許さず ~政府・与党連絡会議に出席

  2. 所得補償とFTA推進の一体化検討を批判

  3. <関連> 3党合意に関する山口代表講演要旨

  4. 大村愛知県知事から国の施策に関する要望

  5. 被災地の復興支えよ ~国交相に申し入れ

  6. 臨時国会が閉幕