平成30年7月豪雨災害、街頭救援募金活動に協力


7月14日(土)、私は仙台市内で「平成30年7月豪雨災害を支援する宮城県民の会」(髙橋伸義代表)が行った募金活動に協力しました。これには若松かねしげ、横山信一の両参院議員、真山祐一前衆院議員、党宮城県本部(代表=庄子賢一県議)の議員団と青年党員らが応援に駆け付けました。

私たちは、東日本大震災の時に全国から支援を受けたことなどに触れ、「被災された方々が一日も早く元の生活に戻れるよう、真心の支援をお願いします」と呼び掛けました。

関連記事

  1. 並行在来線関係道県協議会から要望を受ける

  2. 命を守る森の防潮堤に 「千年希望の丘」で植樹祭に参加

  3. 公明党購読推進委員会

  4. 「損害賠償を迅速に」日本商工会議所から要望

  5. 公明党全国県代表懇談会

  6. 岩手県内で街頭演説会