小さな声生かす政治貫く ~新春街頭演説会に参加


1月2日(木)、私は若松謙維参院議員と共に仙台市で行われた党宮城県本部(代表=庄子賢一県議)の新春街頭演説会に参加し、「公明党は防災・減災対策に総力を挙げていく」と訴えました。

私は、昨年10月の台風19号など相次ぐ自然災害に触れ、「被災者が一日も早く日常生活を取り戻せるよう、引き続き寄り添っていく」と力説。

また、東日本大震災から9年の節目を迎えるに当たり、「復興の総仕上げに向け、復興庁の機能を存続させる体制をしっかりと整備していく」と強調しました。

関連記事

  1. 日常活動が党勢を拡大 ~福島の夏季議員研修会に参加

  2. 通常国会が閉幕、両院議員総会を開催

  3. 「岩手・宮城内陸地震」の栗原市追悼式に出席

  4. 宮城・気仙沼の公明党主催「政策懇談会」に参加

  5. 「損害賠償を迅速に」日本商工会議所から要望

  6. 日中相互の信頼さらに ~日中与党協議会が閉幕