小さな声を政策に反映 ~石川県で新妻候補の実績強調


7月12日(金)、私は石川県内3カ所で参院選比例区の新妻ひでき候補(現)と街頭演説を行い、支援を呼び掛けました。

七尾市で私は、公明党が自民党に働き掛けて認知症基本法案を先の通常国会に提出し、早期成立をめざしていることを強調。党が昨年行った「100万人訪問・調査」運動を基にした動きであることを述べ、「公明党は皆さまの声を政策に反映し実現する力がある」と訴えました。新妻候補については、教材を学校に置いて帰る「置き勉」を国に認めさせた実績を紹介。「小さな声をカタチにできる新妻候補を勝たせてほしい」と呼び掛けました。

新妻候補は「ものづくりで日本を元気にするために全力で働く」と力説しました。

関連記事

  1. 氷河期世代 集中支援を ~政府・与党連絡会議に参加

  2. 日本税理士連合会と政策懇話会

  3. 埼玉県朝霞市で街頭演説会

  4. 党宮城県本部主催の新春賀詞交歓会に出席

  5. 「グレーゾーン事態を議論」安全保障法制整備に関する協議会に出席

  6. 「女まぐろの会」、青森県漁協と共に国交省・水産庁に要望