小さな声を政策に反映 ~石川県で新妻候補の実績強調


7月12日(金)、私は石川県内3カ所で参院選比例区の新妻ひでき候補(現)と街頭演説を行い、支援を呼び掛けました。

七尾市で私は、公明党が自民党に働き掛けて認知症基本法案を先の通常国会に提出し、早期成立をめざしていることを強調。党が昨年行った「100万人訪問・調査」運動を基にした動きであることを述べ、「公明党は皆さまの声を政策に反映し実現する力がある」と訴えました。新妻候補については、教材を学校に置いて帰る「置き勉」を国に認めさせた実績を紹介。「小さな声をカタチにできる新妻候補を勝たせてほしい」と呼び掛けました。

新妻候補は「ものづくりで日本を元気にするために全力で働く」と力説しました。

関連記事

  1. 予算概算要求に向け各団体と意見交換

  2. 共同通信社「大阪きさらぎ会」で講演

  3. 全国知事会から「地域主権関連3法案の早期成立」等に関する要望

  4. 「列島縦断フォーラム」in 栃木に出席

  5. 党代議士会に出席

  6. 「東日本大震災発生から3カ月」増田寛也元総務大臣、元岩手県知事と対談