小さな声の実現が真骨頂 ~高倉氏の支援訴え


5月19日(水)、私は東京都中野区で開かれたフォーラムに高倉良生都議と共に出席し、「都民の声に敏感に反応し、それを具体化していくのが、都議会公明党の真骨頂だ」と語り、都議選勝利へ力強い支援を呼び掛けました。

私は、都議会公明党について「小さな声を聴く力があり、それを実現する力を持っている」と力説。コロナ禍で都知事らに48回395項目にわたって緊急要望し、重症化の兆候をつかむ「パルスオキシメーター」の無料貸し出しなどにつなげたと語りました。高倉氏については「都議会公明党の政策責任者として、東京になくてはならない人材だ」と訴えました。

高倉氏は、新型コロナ対策をリードし、都内2カ所のコロナ専用病院の開設を推進したと強調。「都民の安全・安心のため、全力を挙げる」と力を込めました。

関連記事

  1. イラク問題―一刻も早い軍事行動の終結を

  2. 都市再生機構(UR)賃貸住宅問題の意見交換会に出席

  3. 程永華駐日大使の着任レセプションに出席

  4. 希望生むのが公明の役割 ~党北海道本部大会に出席

  5. 衆望に応える現場力 ~党宮城県夏季研修会であいさつ

  6. 党活気ある温かな地域づくり推進本部の会合に出席