宮城・石巻市議選がスタート


5月13日(日)、宮城県石巻市議選(定数30)が告示され、20日(日)の投票日に向け、大激戦が展開されております。私も街頭演説に参加し、全員当選へ絶大なる支援を呼び掛けました。

大崎議選で公明党からは、現職の渡辺たくろう候補(57)と、桜田せい子候補(56)、そして新人の鈴木よしひろ候補(46)の3候補が出馬し、戦っております。


私も、告示の第一声に駆け付けあいさつ、石巻市議選について「市長と車の両輪で、市政を進める人材が必要」と強調。「多くの実績と、市民相談を受けてる両候補は今後の石巻に欠かせないと」と述べました。

また、「復興・創生期間の総仕上げの期間であり、よりよい石巻にするために一番大切な時期」として、「石巻を考え、働いてくれる候補を押し上げていただきたい」と呼びかけました。

その上で、「市・県・国のネットワークで政策を実現する力がある政党は公明党しかない」と訴え、「若い力、女性の視点、行動力や実現力をそれぞれが持つ公明3候補を断じて勝たせてほしい」と訴えました。

関連記事

  1. 仙台市中央卸売市場業務開始式に出席

  2. 仙台塩釜港、向洋地区ふ頭再編改良事業着工式に出席

  3. 東京の勝利 全国に波動 ~岩手県本部の議員総会に出席

  4. たがじょう市民市と仙石線多賀城地区連続立体交差事業整備完了記念式典に出…

  5. 宮城県・阿武隈川丸森輪中堤竣工式に出席

  6. 首相が公明を表敬 ~補正予算案の衆院通過で