宮城・栗原市議選がスタート


4月18日(日)朝、栗原市議選(定数24)が告示を迎え、25日(日)の投票日へ向けて少数激戦の幕が開けました。公明党からは、現職の三浦よしひろ候補が立候補し、大激戦を繰り広げています。私も告示第一声に参加し支持拡大を訴えました。

第一声の中で、3600件に及ぶ市民相談の実績や、コロナ禍においての候補の取り組みを紹介。「国と県政・市政をネットワークでつなぎ、復興を前に進めていく、その力がある政党は公明党しかない」と呼び掛けました。「三浦よしひろ候補をこの地域の中心として頑張っていただきたい。その為にも皆様のあと一押しを頂き是非とも勝たせていただきたい」と訴えました。

関連記事

  1. 仙台で新年の事務所開き

  2. 「新・女性サポート・プラン策定PT」初会合に出席

  3. 整備新幹線検討委員会の会合に出席

  4. 宮城・福島・岩手で「憲法記念日街頭演説会」に参加

  5. 印刷 「審議が国会の役割」 ~党代議士会であいさつ

  6. 日本船主協会の武藤会長らと懇談