宮城・栗原市議選がスタート


4月18日(日)朝、栗原市議選(定数24)が告示を迎え、25日(日)の投票日へ向けて少数激戦の幕が開けました。公明党からは、現職の三浦よしひろ候補が立候補し、大激戦を繰り広げています。私も告示第一声に参加し支持拡大を訴えました。

第一声の中で、3600件に及ぶ市民相談の実績や、コロナ禍においての候補の取り組みを紹介。「国と県政・市政をネットワークでつなぎ、復興を前に進めていく、その力がある政党は公明党しかない」と呼び掛けました。「三浦よしひろ候補をこの地域の中心として頑張っていただきたい。その為にも皆様のあと一押しを頂き是非とも勝たせていただきたい」と訴えました。

関連記事

  1. 「NZ地震・被災者救援を万全に」政府に要望

  2. 全振連の創立40周年記念式典に参加

  3. 畜産・酪農危機突破全国集会で挨拶

  4. 大衆投資家党に配慮必要 ―税調拡大幹事会―

  5. 格差是正のルール明確に ~衆院選改革で議長と再会談

  6. 公明党北海道本部大会に出席