安心のマンション生活へ ~適正な管理、長寿命化で提言


6月4日(火)、私が会長を務める、公明党マンション問題議員懇話会は、国土交通省で石井啓一国交相(公明党)に対し、マンションの適正管理や老朽化した建物の再生に関する提言を申し入れを行いました。

提言では、全国のマンション(約655万戸)のうち、築40年超のマンションが現在約81万戸で、20年後には4.5倍の約367万戸になると指摘。今後、住民の高齢化や空き家の増加で、管理組合の担い手や修繕積立金の不足などが懸念されるマンションも少なくないと強調しました。

その上で、具体的な適正管理のあり方について、マンション管理に専門家の活用を促す政策や、修繕費の積み立て状況などが市場で評価される仕組みづくりの必要性などを訴えました。修繕に関しては、長期的な修繕計画に基づく積み立てが行われるように誘導する政策などの検討を求めました。

老朽化した建物の再生では、安心して長く住めるよう耐震化などの長寿命化対策を円滑に実施できる制度作りなどを要望しました。

私は、将来的にマンションでの良好な生活を維持するため「管理、修繕、再生の観点で網羅的な対策が必要だ」と強調しました。

石井国交相は「提言の内容を踏まえ対策を検討し、可能なものから前に進めたい」と述べました。

関連記事

  1. 「原油高騰問題」早期対応を

  2. 堺市内で開催された時局講演会に出席

  3. 通常国会閉幕、両院議員総会を開催

  4. 日本アカデメイア主催会合で講演

  5. 仙台市中央卸売市場の業務開始式に出席

  6. 日中友好へ強い意志 ~習主席と会談